薄毛・抜け毛予防のために避けておきたいシャンプーの成分

シャンプーは頭皮や髪を清潔に保とうとして行っている方がほとんどです。
薄毛や抜け毛、頭皮トラブルの原因を起こそうとしてやっている人はいません。

しかし、自分の髪質や頭皮の状態にあわせたシャンプーを使おうとシャンプーを変えたとたん、フケやかゆみなどの違う悩みが出たという人も多いはず。
シャンプーの中には、頭皮や髪質にトラブルのある人は避けたい成分が混じっていることも多いのです。

薄毛・抜け毛予防のためには避けたい成分

シリコン

シリコンは髪の毛に吸着し、髪の毛の手触りをよくしたり、滑らかにしたりする成分です。
しかし、その一方、肌についたらなかなかはがれない性質のため、頭皮につくと毛穴を塞いだり、髪の毛の生えてくるのを邪魔してしまったりします。
また、髪の毛に吸着したシリコンは、ブラッシングなどで髪の毛からはがれる際に、キューティクルを傷つけてしまう危険性があります。
抜け毛や薄毛などで悩んでいる人はシリコン系の成分は避けたいところです。

合成界面活性剤

合成界面活性剤にも様々な種類がありますが、シャンプーに多く用いられているのは「ラウリル硫酸」や「ラウレス硫酸」他にも「〜スルホン酸」という名前がついていたら合成界面活性剤です。
これらの界面活性剤は洗浄力が強く頭皮に必要な皮脂まで取り除いてしまう恐れがあります。
また、わずかながらではあるものの、たんぱく質を変成させてしまう力もあります。
当然頭皮への刺激も強いため、乾燥しやすくなるため、薄毛や抜け毛の予防のためには避けた方がいい成分です。

乳化剤・ポリプロピレングリコール

化粧品やシャンプーに多く用いられ、化粧水やシャンプーの水分と油分を乳化させる役割を果たしている成分です。
しかし、皮膚科学会の検証によって弱い皮膚毒性が発見されました。
どのような影響が出ているのかは未だ検証されてはいませんが、毒性を持っていると分かっていながら使いたくはないですよね。

シャンプーを選ぶ際は面倒でも裏の成分表をきちんと確認して安心できるシャンプーを探しましょう。

このページの先頭へ