体毛と薄毛の関係性

体毛が濃い人は薄毛やはげになりやすいという話を耳にしたことがありませんか?

実際に頭ははげに近いほど薄いのに、体毛はモジャモジャ。
髪の毛はモジャモジャなのに、体はスベスベという人が多いのは事実です。
しかし、必ずそうなのかと言えば、そうではありません。

人間の体毛は男性ホルモンが、髪の毛は女性ホルモンが影響していると考えられています。

体毛や髪の毛の濃さは個人のホルモンのバランスに関係してきます。
ホルモンのバランスには個人差があるので、一概に体毛が濃いと薄毛になる、はげるとは限りません。

しかし、男性ホルモンには薄毛を促進させる働きがあります。
男性ホルモンが多く分泌されて体毛が濃い人は比較的薄毛やはげになりやすい体質であると言えます。
逆に女性ホルモンは薄毛を抑制させる働きがあります。
女性ホルモンが多く、髪の毛がフサフサな人は体毛が薄い人も多いと考えられます。

この一見矛盾のようにも感じる髪の毛と体毛の関係ですが、これは体の毛に影響を与えるホルモンに違いがあるんです。
薄毛やはげに悩む私たちからすれば男性ホルモンはいいとこなしです。

しかし、いずれにしてもホルモンの分泌量というのは個人差がとても大きいため一概には言い切れないものでもあります。体毛が濃いからと言って必ずはげるわけではないので気にしすぎないようにしましょう。

このページの先頭へ