男性の薄毛を引き起こす5つの原因

髪の毛が細くなることで、同じ本数の髪の毛があっても全体的なボリュームが減ってくる現象のことを指す「薄毛」
薄毛は男性に多くみられる症状で、次のような原因で起きると考えられています。

  1. 男性ホルモンの影響
  2. 遺伝的要因
  3. 精神的なストレス
  4. 食生活の乱れ
  5. 生活習慣の乱れ

基本的に女性の薄毛と共通する部分も多いです。
それでは詳しく見ていきましょう。

男性ホルモンの影響

男性ホルモンが多いと毛が濃かったり毛の量が多いと思われがちですが、実は男性ホルモンが成長を促進させるのは頭皮以外の体毛だけです。全くもってやっかいなホルモンです。
頭皮で男性ホルモン(テストステロン)はジヒドロテストステロンというホルモンに変化します。
このジヒドロテストステロンは通常の男性ホルモンの数十倍髪の毛の成長を抑制する働きをすると言われていて、近年注目を浴びているAGA(男性型脱毛症)がこれです。

遺伝

薄毛の原因には遺伝は大きな要素です。
親が薄毛だと子どもも薄毛になる確率が高いのです。

精神的なストレス

今の世の中はストレス社会と呼ばれています。
仕事や対人関係、さまざまなものからストレスを受けることが多くなっています。
ストレスを受けることによって、自律神経が乱れ、ホルモンのバランスが崩れ、心だけでなく身体にもさまざまな影響を及ぼします。
薄毛のメカニズムを上げると、ストレスによって自律神経が乱れ、頭皮などの血流が悪くなり、毛根に栄養外か無い状態になり、そこから薄毛となっていきます。

食生活の乱れ

外食が中心の食生活になったり、食事のバランスがきちんと取れない状況が続くと、身体だけでなく頭皮や毛根にも栄養が行き届かなくなります。
その結果髪に必要なミネラル分が十分に摂取されず、毛がやせ細って薄毛の原因になります。

生活習慣の乱れ

生活習慣でも特に睡眠不足には注意が必要です。
睡眠時間が不足すると、身体のいろんなバランスが崩れ、髪の毛に関しては薄毛や抜け毛の原因となってしまいます。
髪の毛のためには6時間、質のいい睡眠をとることが大切です。

薄毛に悩んでいる人は自分がどの原因による薄毛かを把握しましょう。
原因も単独で起きている場合や、いろんな原因が複雑に絡み合って起きている場合もあります。
これらの原因を自分なりにきちんと把握することが大切です。

このページの先頭へ