育毛シャンプーと普通のシャンプーの違い

シャンプーはどれも同じと思っていませんか?
実は、シャンプーも使うものひとつで育毛効果は断然違ってくるものなんです。

そのシャンプーの中でも薄毛に悩む人に指示されているのが育毛シャンプーです。
育毛シャンプーと言っても、育毛剤の成分が入ったシャンプーではありません。
育毛しやすい頭皮環境を作り上げるのが育毛シャンプーの役割です。

適度に頭皮の余分な皮脂や汚れを洗い流し、頭皮を健康な状態に導きます。
頭皮のトラブルだけが原因で薄毛や抜け毛、フケやかゆみが起きている人は、育毛シャンプーを使うだけで改善する人もいます。

通常のシャンプーとの違いは?

育毛シャンプーが肌に優しい成分を使用しているのに対し、通常のシャンプーは洗浄力をメインにしています。
そのため、様々な成分が含まれています。

特に普通のシャンプーのほとんどに含まれている硫酸ラウリルという成分は、洗浄力を効果的にする働きを持っていますがかなり刺激の強い成分です。
つまり、普通のシャンプーは洗浄力が良い分、必要以上の頭皮の皮脂まで洗い流してしまいます。
頭皮も皮脂は必要ですので、洗い流されるとそれ以上の皮脂を分泌してしまいます。
そのため、髪を洗った後でも髪がベタベタするというトラブルも起きやすくなってしまいます。

薄毛や抜け毛、フケやかゆみなどの悩みを持っている人には、普通のシャンプーではなく育毛シャンプーがおすすめです。

このページの先頭へ