育毛剤と育毛シャンプーの役割の違いは?理想的な使い方はコレ!!

近年薄毛や抜け毛に悩む方の間で育毛シャンプーが注目を集めています。
育毛シャンプーと聞くと、シャンプーするだけで育毛ができるのかと思いがちですが、実は違います。
シャンプーするだけで育毛ができるのなら、育毛剤は必要ありません。
では、育毛剤と育毛シャンプーの役割や違いはどこにあるのか?
どちらがいいのか?どう使うのが最も効果的なのかについて知識を深めていきましょう!

育毛剤の役割

育毛剤の中にはミノキシジルやその他、育毛や養毛に必要な成分が配合されていて、その成分を頭皮に浸透させることによって頭皮の血行を良くしたり、毛根から育毛に必要な成分を与えたりする役割を果たしています。プロペシアやフィンペシアなど体内から取り込むタイプのものもあります。
直接育毛に働きかける役割を果たしていますが、実はその成分を効果的にするためには、頭皮が健康であることが前提となります。
その頭皮を健康に保つ働きをするのが育毛シャンプーです。

育毛シャンプーの役割

育毛シャンプーは、頭皮や毛穴の汚れや余分な皮脂を洗い流し、頭皮を清潔で健康な状態にするシャンプーです。
頭皮を健康な状態にすることによって、髪の毛が生えやすい環境を整えるため育毛シャンプーと呼ばれています。
育毛には直接的な効果はありませんが、髪が育ちやすい環境を整えるために大切な役割を果たしています。
薄毛や抜け毛が頭皮の皮脂や汚れが原因だった場合には、育毛シャンプーだけで改善することもあります。

育毛剤と育毛シャンプーの併用がベスト!

育毛剤と育毛シャンプーの役割を見ていくと、どちらも大切だということがわかるかと思います。
いくら高価な育毛剤をつけていても、頭皮が髪の毛が生えるのに適した環境が整っていなければ期待した効果が得られません。
薄毛や抜け毛は頭皮が何らかのトラブルを起こしていることが多いので、環境を整えないまま刺激だけを与えても逆効果な場合もあります。育毛シャンプーだけでも、髪の毛の生えやすい環境を整えることができますが、より効果を促進させるためには育毛剤との併用が理想的です。

育毛で悩んでいる人はまずは育毛シャンプーから始めてみましょう。
それだけで改善しない場合には育毛剤を併用するとより効果的です。

このページの先頭へ