薄毛やはげは遺伝なのか?治るのか?

薄毛の原因に遺伝が大きく関係していることは周知の事実かもしれません。
男性の場合、薄毛の原因には男性ホルモンのテストステロンが頭皮でジヒドロテストステロンというホルモンに変化することがわかっています。
このテストステロンがジヒドロテストステロンに変化する過程で、5α−リダクターゼという酵素が関係しています。
この酵素を多く作り出す体質が遺伝すると薄毛も遺伝するという説です。
つまり、この酵素を抑制する治療法が確立すれば、遺伝における薄毛は治療することが出来るのではないかと言われています。

薄毛の原因になる5α−リダクターゼは多かれ少なかれ、ほとんどの人が持っているといってもいいでしょう。
しかし、薄毛になる人とならない人がいます。
それはなぜなのでしょうか。

同じ5α−リダクターゼを持っていても、その酵素に敏感に反応する体質かどうかで薄毛になるかならないかが決まると言われています。こうした、ホルモンや酵素に敏感かどうかの体質の遺伝は、伴性遺伝と言われ、母親から受け継がれるものであると考えられています。
ですから、父親が薄毛で5α−リダクターゼを多く持つ体質を父親から受け継いでいても、母親からその酵素に対して強い体質を母親が持っていて、母親からその体質を遺伝された場合、薄毛にはならないと言われています。

いずれにしても薄毛は遺伝と深い関係があることが分かっています。
結果から分かることは、いずれにしても親や親族が薄毛である場合、子も薄気になる可能性は高いということです。

今のところ、遺伝で受け継がれる5α−リダクターゼを抑制させる治療法はありませんが、薄毛対策は若いうちからしておいた方が薄毛の進行を抑える効果はあるのではげてしまってからでなく、はげる前から健康的な髪の毛の環境を作るべく、早めにできることはやっておいた方が良いでしょう。

このページの先頭へ