健康な頭皮環境を作る正しいシャンプー方法&ドライヤーのコツ

いくら育毛シャンプーを使用しても力任せに洗っていたのではかえってトラブルの元になってしまいます。
正しいシャンプーの仕方を覚え、健康な頭皮環境を手に入れましょう!

正しいシャンプーの方法

シャンプーは以下の手順で正しく行いましょう。

  1. シャンプーをする前に優しく髪をブラッシングする
  2. 髪と頭皮を38度前後のお湯で洗う
  3. シャンプーで頭皮や髪を優しくもみ洗いします
  4. ぬるま湯で十分にゆすぐ
  5. 髪の毛は乾いたタオルで十分にふき取ってください
  6. おまけ:ドライヤーのコツ

それでは詳しく解説していきます。

1.シャンプーをする前に優しく髪をブラッシングする

ブラッシングによって頭皮や髪についた汚れや皮脂を浮き上がらせ落としやすくします。

2.髪と頭皮を38度前後のお湯で洗う

あまり熱すぎると皮脂を取りすぎてしまいますし、冷たいと毛穴が十分に開かないのでこの温度がベストです。
このときシャンプーはまだつけません。

3.シャンプーで頭皮や髪を優しくもみ洗いします

シャンプーは頭皮や髪に直接つけず、一旦手のひらで一度軽く泡立ててから使うのがベストです。
頭皮で泡立てようとすると頭皮に刺激が加わりダメージを与えてしまいます。
また、痒い部分があったとしても爪を立てて引っかいたりしないようにしましょう。

4.ぬるま湯で十分にゆすぐ

ゆすぎが十分でないとシャンプーなどの成分が頭皮を刺激し、フケやかゆみの原因になることがあります。
また、頭皮トラブルが気になる人はリンスは控えめに。

5.髪の毛は乾いたタオルで十分にふき取ってください

ドライヤーを使う時間を短縮することができます。
頭皮を優しくふき取った後、髪の毛をタオルではさむようにして乾かします。

ドライヤーが刺激になるならば自然乾燥させればいいのではと思われがちですが、それは違います。
髪の毛を濡れたまま放置しておくと水分が蒸発する際に頭皮の体温を奪っていくので血行が悪くなり、頭皮には良くありません。適度にドライヤーを使用してください。

ドライヤーのコツ

ドライヤーには冷風がついているものが多いですが、温風と冷風を適度に使い分けることで髪にツヤを与えることができます。冷風って何のためにあるんだ?と思っている方も多いと思いますが、実は交互に使うことは髪にいいんです。

また、頭皮を清潔にしようとするがあまりにシャンプーを1日に何回もする人がいますが、シャンプーは1日1回で十分です。汗をかかない冬場なら2日に1回くらいでもいいくらいです。あまりに洗いすぎると必要以上に頭皮の皮脂を落としてしまうのでシャンプーの回数にも気をつけてください。

このページの先頭へ