自然乾燥は髪に悪い

シャンプーやトリートメントを行った後の濡れた髪の毛、あなたはどうやって乾かしていますか?
もしかしたらこんなことを聞いたことがあるかもしれません。

  • ドライヤーは髪の毛を傷めてしまうから使わない方がいい

ダメージケアを行っている人は良く耳にしたことがあるのではないでしょうか?
髪の毛の主成分はケラチンというたんぱく質の一種でできています。
たんぱく質ですので熱に弱く、ドライヤーの熱で傷んでしまうという原理です。
ですから、髪の毛は自然乾燥させているという人も少なくないでしょう。
しかし、近年、自然乾燥はドライヤーで乾かす以上に髪が痛みやすい原因になることが分かってきています。

髪の毛は3層に分かれていて、1番外側をキューティクルと呼ばれるうろこ状のような層で覆われています。
キューティクルは濡れた状態では隙間が開き、乾くと閉じるという性質を持っています。
このとき髪の毛を濡れたまま放置すると、キューティクルは開いたままの状態になり、外部の刺激を受けやすい状態になっているんです。
濡れたままブラッシングするとキューティクルがはがれてしまうことにもなります。
また、濡れたまま髪の毛を放置しておくと、水分が蒸発する際に頭皮の体温を奪うため、頭皮が冷え、血行が悪くなってしまいます。

つまり、頭皮環境が髪の毛の育ちにくい不健康な状態になってしまうということです。

洗髪後濡れた髪の毛は、乾いたタオルで軽くふき取った後、ドライヤーで乾かすようにしましょう。
ドライヤーは頭皮から30センチくらい離れたところからこまめに動かしながらかけるようにするとダメージが少なくて済みます。

このページの先頭へ