シリコンシャンプーは髪や頭皮に良くないってホント?

今や名前を聞かないことがないくらい色々なものに使われているシリコン。
実はシャンプーやリンス、スタイリング剤など、ヘアケア用品にも多用されています。
シャンプーの成分を確認してみても「シリコンなんて成分書いてないよ」と思う方もいるかもしれませんが、シャンプーやリンスなどにはシリコンとは表記せず「ジメチコン」「シクロメチコン」「シリカ」「シラン」など、シリコンとは違う表記で表示されているため気がつきにくいのです。

CMなどでノンシリコンシャンプーが良いというのを聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?テレビCMだけを見て判断してしまうとシリコンが髪に悪いようにも感じますが、実のところ一概にシリコンが悪く、ノンシリコンが良いとは言い切れません。

シリコンシャンプーの特徴として、洗髪すると髪の毛がしなやかになります。シリコンは髪の毛に吸着し、髪の毛をコーティングする働きをするため指通りが滑らかになり、サラサラになるのを実感しやすいです。ツヤも出るため生き生きとした髪に洗い上がります。

ずっと吸着していてくれればいいのですが、ブラッシングや頭皮マッサージなどで物理的な力が加わるとキューティクルごとはがれてしまったり、健康だった髪の毛まで痩せてしまいます。また、シリコンの成分の入った整髪料などを毎日頭皮につけると、毛穴が塞がり、新しい髪の毛が生えにくくなったり、髪の毛が細くなったりする現象が起きやすくなります。

また、シリコンを使用しているシャンプーの多くは使用感を優先しているため、泡立ちをよくするための成分や洗浄力も高めのものが多いです。そのため頭皮の必要な油分までとってしまい、乾燥や髪のきしみの原因にもなります。頭皮が乾燥しがちの方は避けた方がいいでしょう。

しかし、だからといってシリコンだけが悪いわけではありません。
シリコンもダメージヘアで悩んでいる人にとってはなくてはならない成分のひとつです。

近年は「シリコンが髪や頭皮によくない」という話を受けて、ノンシリコンのシャンプーやコンディショナーも販売されていますが、使用感はやはりシリコン配合のものに比べると劣ります。

シリコンシャンプーにもノンシリコンシャンプーにも長所や短所はあるものです。
「シリコンは髪や頭皮に良くない!」という考えはいき過ぎていますが、髪や頭皮の状態、自分の好みの仕上がりによっては、ノンシリコンシャンプーの方が良いと言えます。
大切なのは、CMなどのイメージに左右されず、シリコンが入っているからダメと決め付けるのではなく上手に付き合う方法や自分に合ったシャンプー選びが大切です。

このページの先頭へ