紫外線は薄毛やはげの原因になる?頭皮や髪への影響とヘアケアについて

紫外線は肌に悪いという話はすでにあなたもご承知かと思います。
今や、紫外線対策グッズは季節を問わず売られていて、紫外線から肌を守ることは常識となってきました。
しかし、その紫外線が頭皮や髪にも良くないことはあまり知られていません。
そのため、髪や頭皮への紫外線対策というのはあまり行われていないのが現状です。

頭皮も肌の一部です。頭皮も紫外線の影響を肌と同じように受けています。
まして頭皮は太陽から一番近いところにあり、日本人は黒髪という一番紫外線を吸収しやすい髪に覆われています。
実際に研究結果から「頭皮は通常の2倍近くも紫外線を浴びている」ということも確認されています。

紫外線の頭皮や髪への影響

頭皮に紫外線が当たり、しみやしわができても、頭皮は見えにくいところだから気にしなくていいと思っている人も多いですが、それは違います。
頭皮が紫外線を受け、ダメージを食らうと薄毛や抜け毛、白髪などの原因となることがあります。
ある意味紫外線によるリスクが1番高いところでもあります。

また、髪の毛は摩擦や熱、静電気、紫外線の弱いです。
紫外線を受けるとキューティクルがダメージを受け、髪がパサついたり、切れ毛や枝毛などの原因になります。
また、髪の毛が焼けて茶色や赤褐色になるのも紫外線の影響です。

多くの人が症状が出てきてからケアを始めますが、それでは遅過ぎます。
紫外線による頭皮や髪の毛の影響が出る前にケアを始めるようにしましょう!

頭皮や髪の毛の紫外線ケア

頭皮や髪の毛を紫外線から守るにはどうしたらいいのでしょうか。

紫外線をなるべく避ける

1番の基本は、ダメージの原因となる紫外線をなるべく受けないようにすることです。
帽子をかぶる、日傘を差すなどの工夫が必要です。
頭皮を守るという目的では、分け目を定期的に変えるのもひとつの手段です。

頭皮用エッセンスなどをつける

どんなに避けても紫外線はどこからでも入ってくるため少なからず影響を受けています。
頭皮用の日焼け防止スプレーや、日焼けした後の修復するためのエッセンスなどが売られていますので使用してみましょう。
頭皮用が見つけられない場合は通常の肌用のものでも代用できます。
保湿や抗炎症効果の高いものを選んでください。

このページの先頭へ