薄毛や抜け毛は男女共通の悩み

薄毛になる原因やメカニズムに若干の違いはありますが、昔は男性特有の悩みだと思われてきた薄毛や抜け毛は最近では女性でも悩む人が増えてきています。
ここには、女性が社会進出する機会が増えたことで男性同様に接待や取引など同じようなストレスの大きい場面での仕事を担う機会が増えたことが関係しているのかもしれません。

そうした一方で、家庭内でのストレスの増加もあります。
子どもを取り巻く環境と人間関係。
育児や自分、または親の介護問題。
女性が抱えるストレスは際限がありません。

また、女性は見た目を気にする余り、シャンプーやリンス、コンディショナーに強いこだわりを持つ人が多いです。
そうした頭皮ケアの用品と頭皮の相性が合わずに頭皮のトラブルを起こす人も増えてきているようです。

男性もストレスや生活習慣の乱れなどから薄毛になると言われていますが、男性の薄毛で一番多いのはやはり、男性ホルモンのテストステロンがジヒドロテストステロンに変化することによって起きる薄毛。
これをAGA(男性型脱毛症)と呼んでいますが、日本男性の薄毛に悩んでいる人の中の95%がこのAGAであるといわれています。このAGAは進行していくので増々悩みが深くなってしまいます。

いずれにしても、薄毛は年齢より老けて見え、酷い場合はそれが気になって外に出るのも億劫になってしまうこともあります。気になり出したら早めの対策が必要です。

このページの先頭へ