自宅でできる薄毛予防対策

薄毛や抜け毛は見た目も老けて見えるし、人前に出るのをためらってしまう人も多いです。
気になったら病院へ相談しましょうというCMも多く流れているくらい悩んでいる人はたくさんいます。
CMだけではありません。

先日皮膚科に行ったところ、皮膚科の壁にも「薄毛や抜け毛の悩みは当医院までご相談ください」というポスターがはってありました。
本来なら、薄毛や抜け毛を診察してくれる病院で相談してみるのが1番効果的です。
しかし、恥ずかしくて病院に相談にいけないという人や、仕事などで忙しく病院へ行っている暇がないという人も多いはずです。
そんな方は、病院へ行く以外の方法で薄毛を予防、軽減する方法を実践してみると良いでしょう。

自分の薄毛の原因を知ろう

まずは、薄毛を予防、改善するために、自分の薄毛の原因をしっかりと把握することから始めましょう。
ストレスや、食生活、生活習慣の乱れからくる薄毛は、自分の生活週間を見直すことで予防することができます。
男性ホルモンによるものや、遺伝による薄毛は病院で治療する必要があります。

生活を改善しましょう

薄毛の一因には食生活の偏りによる髪の毛への栄養不足があります。
栄養のある(特にミネラル分の多い)食事を取るように心がけましょう。
お酒やタバコ、極端に辛いものなど刺激の強いものはなるべく避けてください。
特に女性に多いのですが、ダイエットに気を取られるあまり食事を抜いたり、同じようなものを繰り返し食べたりする人がいます。偏った食事は髪の毛に栄養が行き渡らないので、バランスよく食べてダイエットする方法に切り替えましょう。

ストレスも薄毛の原因になります。
ストレスから血行が悪くなり、頭に栄養を運ぶ十分な血液が滞ってしまうことによって髪の毛が細く弱くなってしまうのです。
ストレスを生活から完全に排除する手段はありません。
人間は常にストレスと向き合っています。
しかし、自分に合ったストレス解消法を見つけることで同じストレスでも軽くさせることはできます。
大好きな音楽を聴く、自分の時間を設けて好きなことをするなど、自分に合ったストレス解消法を身につけましょう。

睡眠不足も薄毛の大きな要因です。
睡眠が不足することによって自律神経のバランスが崩れ、体が常にストレスにさらされているような状態になってしまいます。
1日最低6時間は質の良い睡眠をとるように心がけましょう。

ヘアケアの重要性

シャンプーと薄毛、抜け毛は関連性は大きいです。
髪の毛が生えている毛穴が詰まったりしたら、やはり髪にも影響は及ぶと考えられます。
シャンプーを選ぶとき、髪質によって選ぶ人がほとんどだと思いますが、薄毛や抜け毛が気になる人は、髪質ではなく頭皮に合ったシャンプーを選ぶことが大切です。
頭皮の環境を整えるシャンプーとして育毛シャンプーがお勧めです。
洗髪時は爪などを立てたり、頭皮がきちんと清潔になっていないと、毛穴がフケや皮脂で塞がれてしまい、新陳代謝も落ちてしまいます。
シャンプーをする際は、髪の毛ではなく頭皮をやさしく、汚れをもみだすように洗うことを心がけてください。

病院で治療するほどに即効性は期待できませんが、地道に続けていくことで効果は期待できます。
どちらにしても髪の毛はできるだけ長く付き合っていきたいもののひとつです。日々のケアが大切です。
ただし、何をやっても効果が得られない場合は悩みを抱え込むのではなく一度病院に相談するのもおすすめです。

低出力レーザー治療

薄毛対策にはシャンプーで地盤を整えるのも大切ですが、それだけでは髪が生えてくる決定的な要因にはなりません。

育毛剤などの薬物治療は効果の面ではおすすめですが副作用などの危険性も高く、人によって効く効かないの個人差は大きいです。その点を考慮して使う分には良いのですが、副作用に心配な方や薬は使いたくないという方には低出力レーザーという光を用いた薄毛対策・育毛対策がおすすめです。

光の治療のため効果を少し信じにくい部分はありますが効果のほどは長年の研究により実証され、多くの論文や文献によって効果の報告がなされています。

低出力レーザー器選びは様々な種類があり、自分に合ったタイプの物を選べるだけでなく、多くの研究に使われたモデルが取り扱われているヘアーマックスがおすすめです。
ヘアーマックス

このページの先頭へ